mokuの家しごと

DIY、ハンドメイド、日々のお役立ち情報を主婦目線でお届けします。

土地売却を経験してーS不動産販売は高額査定で好印象、でも。

calendar

土地の売却は一生に一度という大仕事ですよね。
こちらでは土地の売却に向けて奮闘した、我が家の経験をご紹介しています。

私の土地ではなく、私の父の土地なのですが、父が軽度認知症のため私が代理で売却手続きを進めました。

紆余曲折あり、不動産会社に仲介をお願いするところから、最終的な引き渡しまで、なんと1年間もかかってしまいました

今までの経緯と要所要所で注意したいことなどは別のページでもご紹介していますので、合わせてお読みいただけると幸いです。

前回までは電話で査定を依頼する手順と、担当者さんに来てもらう前の準備についてご紹介しました。


今回は3回目。

各会社の営業の方に自宅に来てもらって、契約内容など細かいことを聞きます。
その時の印象や感じたことなどを資料の写真と一緒にご紹介します。

まずは電話で査定を依頼して、自宅に来てもらった不動産会社のうち、一番査定額が高かったS不動産販売です。

スポンサーリンク

S不動産販売

S不動産販売は大手の会社です。
我が家のマンションにも頻繁にチラシが入っていました。

最初の電話をかけた後に営業担当の方が折り返してくださいましたが、その時すでに現地を見てきたとのことで、フットワークの軽さが好印象でした。

営業担当は若い方でしたが、受け答えもとてもよく、任せてもよさそうだと思いました。
さすが大手はしっかりした人がくるなあ、と感じたくらいです。

また資料もわかりやすく説明が書いてありました。

実際の査定書

S不動産販売で作成してくれた査定書と資料がこちらです。

前半は会社の紹介や、周辺の土地価格の変動、査定の算出方法などの説明がずらずらと書いてあります。
そして気になる査定額は5社の中で一番高い金額です。

私と母とで一応の目安として希望金額を話していたのですが、その1.1倍の査定額でした。

希望金額が相場よりも若干高めだったので、査定額はさらに高いということになります。

うれしい反面、「なんで?大丈夫?」とも思いました
その時思ったことはなんでも聞いてみようと思い、正直に「ほかの会社の査定よりも高い金額なのはどうして?」と質問しました。

すると営業の方は査定の基準や、周辺の成約例(近所の家がいくらで売れたのか)を教えてくれて、この土地の場合はこんなメリットがあるから高くなりますよ、とわかりやすく説明してくれました。

具体的には「裏手に大きな道路がある土地で、歩道に面して出入りができる場所なので、個人宅にも店舗にもできて買う人の幅が広い」ということを教えてくれました。

この辺りの説明はとてもスムーズですし、聞いていて安心感がありました

他にも契約した場合の費用や期間などを質問しました。
今は不動産業界でこの辺りのことは一致しているようなので、別のページに書いておきますね。

査定額と売り出し価格

一通り会社の概要などを聞いた後、金額について質問してみました。

まず気になる売り出し価格を聞いてみます。
査定額と売り出し価格は必ずしも一致しないというお話でしたので、最初に売り出す金額がいくらになるのか見極めが大事と聞いたことがあったからです。

すると、査定額の1.4倍の金額です。
その後買い手が出ない時には下げることになるのですから、高くなるのは当然と思いますが、ちょっと高すぎるように感じます

何しろ最初に電話査定してもらった5社の平均値と比べると、1.7倍になってしまうのです。

いや、正直うれしかったですよ。
内心は「こんなに高く売れるの~?やった~!」くらいで大喜びでした(^-^)

大手は広告の力とか営業力とか違うみたいだから強気でいっても売れるんだなあ、と世間知らずの私はほくほくしていました。

ただ、売り出し価格は基本的に売り主(私たち)が決めるということで、1.7倍の金額はS不動産からの提案だそうです。

最終的な金額は?

こちらも気になった質問、最終的にいくらで売れると思うか、営業の方の見立てを聞いてみました。

資料には「成約予想価格帯」としてグラフもついていました。

答えは「始めてみないと何とも言えない」が、「査定額におさめたい」ということでした。

査定額が高いので、この金額を最終目標にしてくれるならうれしいかなと思います。

しかし始まらないとわからないので、「動きがないときは売り出し価格の引き下げを提案します」との事で、逐一相談してくれるとの事でした。

S不動産の営業さんと話してみた印象・感想

実際に仲介を依頼するかどうか決めるために、S不動産販売の営業担当の方とお話しました。

私たちの感想や印象などをまとめてみます。

○会社としての信用・・・大手なので安心感は抜群。査定書もしっかりしていて、契約内容やその後の流れなども明記してあるのでわかりやすい。

○営業の方の人柄・・・好印象◎時間ぴったりに来てくれて、次の約束があるのに焦ることなくこちらの話を聞いてくれた。フットワークも軽く、電話をしたその日に現場の土地を確認してくれた。年配の父と母にも聞こえやすいように大きな声で話してくれた。

○査定額・・・かなり高い。電話査定した5社のうちでは断トツの高額査定

○売り出し価格・・・査定額の1.2倍。周辺相場よりも1.7倍の金額と、こちらも高額。

はい、こんな感じで全体的に好印象でした。
特に母はイケメン営業さんを褒めていました。

年配の方にも丁寧に説明してくれる姿勢は、とてもありがたいです。

私は高額査定と強気の売り出し価格にすっかり舞い上がってしまい、冷静な判断はできていません(^^;)

同席してもらったうちのだんなさんの印象は、やはり金額でひっかっかっていました。

同じ営業としては「相場よりもこんなに高い金額を提示する意味がわからない」と納得できないようでした。

大きな道路に面しているとか、駅からの距離とか、説明を聞いただけで分かった気になっていた私も、そう言われると不安になります。

本当にこんなに高い金額を提示する会社を信用していいのか?
値段でつられているのでは?
すぐに値段を下げることになるのではないか?

という不安が残りました。

契約しなかったわけ

その後、他の3社との話を聞いた結果をお伝えすると、最終的にはS不動産販売とは契約しませんでした

営業さんの印象もいい、査定額も高い、でも契約しない理由は、ずばり

「よすぎるから」

査定額が高すぎるのは、お客さんを獲得するための作戦だろうという、うちの営業マンの見立てもあり、金額につられることを避けたためです。

大きな金額を簡単に提示する会社は、下げるときにも大幅に下げてくるだろう、という予想もあり、納得のいく値段で交渉したいという気持ちを優先しました

また、営業の方の説明がスマート過ぎたことも理由かもしれません。
なんとなくですが、親身になるというよりも、効率優先のような印象が残りました。

この辺りはあくまでも我が家が感じたことなので、ご家庭によっては逆に映ると思います。

話を聞くときには、人柄を見るためにも正直になんでも話すことがいいと感じました。

最後に

とりあえず1社。
結果は先にお伝えしましたが、この時点で即決したわけではないので、心の中は迷いでいっぱいです。

次は地元の中規模の不動産会社で、Aリビングの担当の方に会いました。

先にお伝えすると、我が家が最終的に契約したのは、このAリビングです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、よろしければポチッとクリックしていただくと、とても嬉しいです^^

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください