mokuの家しごと

DIY、ハンドメイド、日々のお役立ち情報を主婦目線でお届けします。

ヤフーの問い合わせ窓口がわからない?無駄な326円を解約した番号はこれだ!

calendar

reload

ヤフーの問い合わせ窓口がわからない?無駄な326円を解約した番号はこれだ!

ご実家のクレジット明細や、通帳の内容をどこまで把握していますか?

うちでは父の認知症の状態が進んできた数年前から、実家の手続き関係を私が代理で行っています。

娘なのでほとんどの手続きは滞りなくできますが、どうしても本人でないとわからないことがありますよね。

その一つが、インターネットや携帯の契約内容について。

先日もクレジットカードの請求に、覚えのないものがあり、問い合わせをしました。

スポンサーリンク

ヤフージャパン 326円


父は月々の携帯電話の支払いと、SUICAのオートチャージを、クレジットカードで支払うよう契約していました。

今はSUICAを使うことはないので、オートチャージは請求がありません。
また、携帯電話も今年1月に解約したので、請求がくることはありません。

しかし!なぜか、ヤフージャパンからの請求が毎月あるのです。

その額<326円>

携帯電話は姉がつき添って解約をしてくれたので、問題ないはずです。
関係あるとすれば、今年3月にインターネット回線を解約したことでしょうか?

とにかく父に聞いても覚えていませんし、パソコンも携帯電話も使わない今となっては、不必要な請求であることは間違いありません。

まずはクレジット会社に請求内容を確認してみました。

カード会社へ問い合わせる

父の使っていたカードはView Suicaカードです。
問い合わせ窓口;株式会社ビューカード ビューカードセンター 03‐6685‐7000

毎月届く請求書の1ページ目、一番下に番号が書いてありましたが、ここでもひとつ、問題が。

「お問い合わせの際は、会員番号と暗証番号が必要になりますので、あらかじめお手元のカード番号をご確認ください」

会員番号はカードに記載があるのでわかります。しかし、暗証番号は・・・

父の頭の中にしかありません。

つまり、誰にもわかりません

こんな時はどうするかというと、ダメもとで電話してみます。

ここ数年の代理手続きで、私もだいぶ図太くなってきました。

本人ができないことを家族が代理するのは当然、と思っているので、とりあえず聞く前から諦めることはやめるようになりました。

すぐにオペレーターの方が出てくれたので、請求書の内容について知りたい旨を伝えました。

すると契約者の名前を聞かれたので父の名前を告げ、私は娘であることを伝えました。

この時、暗証番号は聞かれずに、どういった内容を知りたいのかと尋ねられました。

私は「今年になって急にヤフージャパンから請求がくるようになった」「ヤフージャパンの請求内訳を知りたい」ことを伝えました。

ここでオペレーターの方が教えてくれたのは次の点です。

➀カード会社では請求額の内訳はわからないこと

➁ご利用箇所(請求元)へ直接問い合わせるしかないこと

➂それでもわからなければ、別会社になるが、請求内容を調査する会社へ相談できること

結局、カード会社のデータでは、ご利用箇所(請求元)と金額しか届かないそうです。
そのためカード会社に聞いても意味がありませんでした。

➂の調査会社については、本人であれば請求内容を調査できるとのことでした。

うちの場合、父が話をできる状態ではないことを伝えると、家族の依頼であれば調査できるかもしれないということでした。

少し曖昧な点はありますが、最終手段としてはありかもしれません。

ヤフージャパンの窓口がわからない!

早速ヤフージャパンへ問い合わせます。しかし窓口がわかりません。

「ヤフージャパン 問い合わせ」と検索すると、オークションの決済などの情報しかありません。

できれば実家にいる間に解決したいので、電話窓口を探しますが、一向に見つかりません。

そこで「ヤフージャパン 326円」と検索しました。
すると、知恵袋にたくさんの質問がありました。

我が家以外にも326円を支払っている人がたくさんいるようでした

その中に一つだけ、電話番号が書いてありましたので調べてみると、それはソフトバンクの番号です。

あれ?知りたいのはヤフージャパンの問い合わせ番号なんだけど??

でも、もしかしたら請求が携帯電話の契約に関することかもしれないし、と、これもまたダメもとでかけてみました。

自動音声が長い時の裏技

こうした手続きの時には、いつも自動音声にイライラします。

かかったと思ったら聞こえにくい自動音声で手間取るからです。
そこで、私がいつもしている裏技はこちらです。

1、自動音声になったら、すぐにスピーカーフォンにする

2、受話器をテーブルに置く

3、「絶対解決するぞ!」と決意を新たにして、深呼吸する

聞こえにくい自動音声を聞くために、耳に受話器をくっつけると痛くなりますので、いっそのこと手に持つのもやめてしまいましょう。

そして解決までには絶対長くなりますので、気持ちを落ち着けるためにも深呼吸をしましょう。

ソフトバンクサポートセンター

ソフトバンクサポートセンターお問合せ窓口

0800‐1111‐820 受付:10:00~19:00 平日のみ(一部お問い合わせは土日祝日も営業)

ガイダンスに従って、ボタンを押します。今回の場合は

「4」⇒「2」⇒「1」⇒「5」⇒「契約者の登録している電話番号」⇒「契約者の生年月日」

最初の「4」ヤフーBBに関して、「2」引っ越しや利用料金について、「1」金額について、「5」その他料金についてのご相談について、という案内に従って入力しました。

ヤフーBBに関してという点は、正直疑わしかったのですが、326円が回線の休止手数料だろうという、知恵袋の回答に従って入力しました。

これが正解でした。

生年月日を西暦で入力すると、すぐに「オペレーターへおつなぎします」とのアナウンス。

そのまま待ちますが「混みあっておりますので、そのままお待ちください」との事。
待ちますとも、と受話器を置いて長期戦の構えです。

ようやくオペレーターの方と、つながりました。

契約者でないと手続きができないのでは?と緊張しましたが、私の名前と父との関係がわかれば問題ありませんでした。

そして請求金額を確認してもらうと、履歴とともに、父の契約内容がはっきりとわかりました!

私が知らなかっただけでしょうか?

Yahoo!BBの問い合わせ窓口はソフトバンクの窓口なんですね!

もっとわかりやすく表示を出してくれていれば、ここまで時間はかからなかったのに…

と、うらみ言はともかく。
こちらでわかったことは、次の5点です。

1、2008年1月にヤフーBBのインターネット回線ADSLを契約した

2、2010年7月より休止手続きをした

3、メールアドレスの休止コースも同時に申し込み、その際月々326円の支払いが発生した

4、それによって「@ybp.ne.jp」のメールアドレスをいつでも使える状態にしていた

5、これまでも支払いはしていたが、請求金額が合算されていたために、わからなかった

このことからわかるのは、休止コースの料金、326円を2010年7月から、ずっと支払い続けていたという事実。

月々にしたら微々たる金額かもしません。
月額326円なら、と軽く考えて、父も申し込んでいたのでしょう。

しかし父がパソコンを使えなくなってから数年が経過していますし、使っていないメアドを持ち続けることに何の意味があったのでしょうか。

まさに無駄!もったいないと言わざるを得ません

また、「5」に関しては、1月にソフトバンクの携帯電話を解約したことで、326円が単独で請求されるようになったはずなのですが、窓口の方によると、請求金額は合算しないとの事。

しかし現実に、今までは単独での請求はされていませんし、データ上はきちんと支払われています。

このことから考えると、おそらくカード会社の明細に記載されるときに、合算されてしまったのではないかと考えられます。

私が普段、クレジットでの支払いをしていないので、間違っているかもしれませんが、状況を考えるとそれしか思いつきません。

パソコンも携帯もすでに解約してしまっているので、うちの場合はできませんでしたが、できればクレジット会社の明細よりも、携帯やパソコンなどのマイページで、毎月の内訳を確認した方が確実と思います。

ここまでオペレーターの方に色々質問をして解明し、やっと解約の手続きに進みました。

解約手続き

こちらの窓口は料金に関することだけというので、解約の窓口へつないでくれました。

解約窓口へ直接かけるには、ガイダンスに従って次の番号を入力します。

「4」⇒「2」⇒「2」⇒「2」⇒「登録している電話番号」⇒「契約者の生年月日」

そこではすでに契約者情報を確認してくれており、話が早かったです。

一つだけ確認されたことは、「メアドを使えなくなりますがよろしいですか?」ということ。

全く問題ありません!即解約してください、とお願いしました。

オペレーターの方はすぐに手続きをしてくれて、「7月31日で解約となります。」と。電話をしたのが7月23日ですので、とても早い手続きだと満足しました。

ただ、またもや問題がありました。最初に契約した時のレンタル品を返却してほしいというのです!

なに?!レンタル品?知らない…見たことないし…!

本人に記憶がないというのは、本当に困ります。
家族は近くにいても、元気な時のことをすべて把握しているわけではないのですから。

とにかくオペレーターさんに、見つからなかった場合どうしたらいいのか聞いてみました。

すると、返却不要という手続きができるということでした。
しかも費用はかからないということなので、ひとまず安心して家探しを開始します。

でも父の使っていたパソコン周辺にも、電話機周辺にもモデムらしきものは見つかりません。
どこかにしまい込んでいるかもしれませんが、大掃除でもしないとわからないのではないかと母と話しました。

しかたなくあきらめて、今回は返却不要の手続きをお願いしました。

窓口はこちらです。

ヤフーBBプロバイダ契約問い合わせ:0120-981‐030

電話すると、再び契約者情報と私の本人確認をした後に、レンタル品を探したかどうか確認されました。

こちらが、よく探したけれど見つからなかったことを伝えると、「今後掃除などをした時に見つかれば、返却してください」と言われ、返却不要の手続きは完了しました。

終了したのでもう一度、Yahoo!BBとソフトバンクの窓口をお伝えしますね。

ソフトバンクサポートセンターお問合せ窓口

0800‐1111‐820 受付:10:00~19:00 平日のみ(一部お問い合わせは土日祝日も営業)

解約が完了して、ひとこと言いたい

今回は、たまたまYahoo!の知恵袋で検索した結果が父の契約内容と一致していたので、何とか解約にこぎつけました。

回答に電話番号を示してくれた方には、本当に感謝しています。

電話をして対応してくださったオペレーターさんも、みなさん親切で、きちんと契約内容を確認して教えてくださいました。

問題があるとしたら、Yahoo!BBやソフトバンクのシステムでしょう。

利用しないまま何年も経過しているのに、支払い続ける仕組みを作っていること。

それをユーザーが気づくまで放置しておく会社の姿勢。

何より、解決しようとしても、窓口がわかりにくいこと。

もちろん、回線を使うのはユーザーです。契約したのも父です。

しかし数年が経過して、再使用していない回線やメアドなら、自動的に解約するシステムを作れるのではないでしょうか?

天下のソフトバンク、細かく326円を請求する仕組みを放置しておいて、笑顔で野球観戦しているというのは、どうも納得がいきません。

現場の方はみなさん親切です。

上の方、もっとしっかり仕組みを見直してください。

まとめ

実家のクレジット明細などを見るのは、ご家庭によっては難しいかもしれません。

見られたところで、携帯やインターネットの契約に関しては、問い合わせ窓口がとてもわかりにくく、解決するまでに時間がかかります。

しかし、大切な貯金を守るためにも、不必要な請求はなくさなくてはいけないと思います。
たとえ微々たる金額でも、本人にとっては大切なお金ですから、家族で守っていきたいですね。

今回のように、なんのために払っているお金なのかわからない時には、とにかく人と話せる電話窓口に問い合わせることをおすすめします。

私はかなり図太いので、ガイダンスの内容が違っていたと思っても、オペレーターにつながるまで待ちます。
そうすると、内容によっては正しい窓口へ案内してくれるからです。

オペレーターさんはその会社の専門家なので、ある程度たどたどしい説明でも理解してくれますし、みなさん親切です。
せめて契約内容だけでもわかれば、糸口が見えるかもしれません。

今回までにもいくつかこうした手続きをしましたが、どの会社もきちんと対応してくれました。

要はくじけないこと!粘り強く待つこと!
これに尽きます。がんばりましょう p(^o^)q

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、よろしければポチッとクリックしていただくと、とても嬉しいです^^

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

  • 私も326円を10年近く払っていて、
    レンタル品 ない場は違約金24000円ていわれましたが、今回の対応の手順を詳しく教えて頂き、違約金も、支払いしなくて大丈夫と言われました。ありがとうございました。

    by まさりりん 2018年4月21日 10:09 AM

    • はじめまして、コメントありがとうございました。
      長い内容を読んでくださって嬉しいです。たかが326円、されど326円、ですよね。
      違約金も取られずに問題が解決してよかったです。

      by moku 2018年4月21日 7:23 PM

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください