mokuの家しごと

DIY、ハンドメイド、日々のお役立ち情報を主婦目線でお届けします。

【セリア】アイアンフックで玄関を広く!傘を壁にかけて収納

calendar

reload

【セリア】アイアンフックで玄関を広く!傘を壁にかけて収納

狭くて暗い玄関を明るくしたくて、
先日は下駄箱の扉を外して
リメイクシートを棚板に貼りました。

かなりイメージが変わり、
三和土に出ていた靴も
収納することができて満足なのですが、
次に気になるのは傘立てです。

スポンサーリンク

アイアンフックと傘の相性は?

玄関を少しでも広く、掃除をしやすくするため、
三和土に出ている靴を下駄箱に
すべて収納できるようにしました。

するとささっと履くだけで掃除が終わり、
とても快適
です。

こうなると、三和土に出ている物、
傘立てが邪魔に感じるようになりました。

今までは100均のワイヤーネットを使い、
即席の傘立てにしていました。

引っ越した当初に作った
その場しのぎの傘立てですが、
いつの間にか10年もそのまま使っています。

さすがに外側の白い塗料がはがれてしまい、
もう限界を感じます(><)

そこでこれまた100均の、
セリアのアイアンフックを使って
傘立てを作りたいと思います。

セリアのアイアンフックの傘立て

<材料>

セリアのアイアンフック  1本
ネジ           4本
(セリアのアイアンフックには
付属のネジがないので、
板を貫通しない長さのネジを
用意します。)
1×4材         同じ長さの物2本
三角吊環         2つ
石膏ボード用フック    2つ

<必要な道具>

ドライバー
アンティークワックス、ぼろ布
鉛筆
やすり、あればサンダー

<作り方>

1、まずはカットしてもらった板のバリを
やすりで削ります。

手が触れた時に痛くない程度の
丸みをつけるといいでしょう。

2、アンティークワックスを塗ります。
最初は薄く塗り、
好きな濃さになるまで重ね塗りをします。

3、1×4材2本をくの字に組み合わせ、
ネジ止めします。

鉛筆でネジを止めるところに印をつけ、
下穴を開けてからネジを止めます。

4、次にアイアンフックをつけます。
板の手前にアイアンフックを仮置きし、
同じように鉛筆で印をつけてから
下穴を開けて、ネジ止めします。

これで組み立ては完成です。
簡単ですね♪

5、壁にかけるための三角吊環を
取り付けます。

ここでも同じく、鉛筆で印をつけ、
下穴を開け、ネジ止め
をします。

板の細い部分にネジを止めるときには、
板が割れないためにこの手順が必要
になります。

ここで壁を傷つけたくない場合は、
三角吊環のネジ部分にマスキングテープを
貼っておきましょう。

マステがクッションになり、
壁紙を傷つけるのを防いでくれます

(はみ出した部分ははさみで切りました。)

6、壁に石膏ボード用のフックを取り付け、
完成した傘立てを壁にかけます。

完成~\(^▽^)/

実際に傘をかけてみると…こんな感じ~◎

家族4人分の傘+私の日傘+ビニール傘2本
合計7本の傘をかけましたが、しっかりしています。

スペース的にはもう少しかけられると
思いますが、その場合は
石膏ボード用のフックの耐荷重を確認
してからかけるようにしてくださいね。

ちなみに今回使ったフックの耐荷重は
3㎏でした。

T.C&212Kオンラインショップ

ビフォーアフター

以前の玄関はこちらです。


今回下駄箱の扉を外し、
棚板にリメイクシートを貼り、
傘かけを作りました。
こちらがアフターです。

三和土に出ているのは、草履一足のみ。

スッキリと広々しましたよね♪
おかげで毎朝三和土を掃除することが
できるようになりました。

しかも今日、始業式から帰ってきた次男は、
靴を脱ぐなり棚の一番上に乗せてくれました!

先日きれいにした日の夜に、今日履いた靴は
ここに置くといいね、と話したことを
実践してくれているようです。

なんということでしょう~(^▽^)
このままきれいを保つ習慣がつくと
うれしいです。

家の入口である玄関は、
常にきれいにしたいと思いつつ、
何年も見過ごしてきました。

断捨離でいらない物を減らしたおかげで、
木工のアイデアもどんどん浮かびます。

この調子で、同じように見過ごしてきた
あちらこちらを直していきたいと思います!

【追記
実はこの傘掛けには欠点がありました!
その様子はこちらでご覧ください(><)】

T.C&212Kオンラインショップ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、よろしければポチッとクリックしていただくと、とても嬉しいです^^

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください