mokuの家しごと

DIY、ハンドメイド、日々のお役立ち情報を主婦目線でお届けします。

【ドラマ】志田彩良さん ゆるキャンでのゆる~い笑顔から知的な顔まで

calendar

毎日何かしら見ているドラマ大好き主婦なので、その中で活躍している俳優さんは気になってしまいます。

今放送しているドラマの中から気になることについて、最近好きな、または個人的に注目している俳優さんについて色々と書きたいと思います。

※ネタバレを含む場合があります。ご注意ください。

今回は志田彩良(さら)さんです。

スポンサーリンク

雑誌モデル

1999年生まれの志田彩良さんのデビューは早く、小学校6年生の時にスカウトされたことがきっかけとなり雑誌モデルを始めたそうです。

サラサラの髪がきれいな女の子という印象で利発そうな笑顔が魅力的です。

髪形も色々変化がありますが、黒髪ストレートの印象が強く2018年ごろまではロングヘアーでした。

ゆるキャンの斉藤恵那

ドラマでは「問題のあるレストラン」「チアダン」などの出演作がありますが、まず最初に「ゆるキャン」の恵那ちゃんをあげなくては始まりません。

恵那はゆるキャンの主人公である志摩リン(福原遥さん)の友達で、成り行きから野外活動サークル、通称野クルに参加することになります。

リンはソロキャンを愛する高校生で人付き合いが苦手な面がありますが、恵那だけはリンと仲良し。

キャンプ中にもメールを交わしたり写真を送ってもらったりしますが、一緒にキャンプに行くことはないという一見するとドライな関係です。

しかし転校してきた各務原なでしこ(大原優乃さん)や野クルのメンバー大垣千明(田辺桃子さん)、犬山あおい(箭内夢菜さん)たちと交流するにつれキャンプに参加し始めるのです。

ゆるキャンでは彼女たちのゆる~い日常を描いていますが、そこにゆるさを追加してくれたのがえなちゃんの笑顔です。

恵那ちゃんは家が裕福でキャンプ道具もお父さんが高級品を買ってくれるなど、苦労知らずを絵にかいたようなお嬢さんですが、志田さんの笑顔にもそのお嬢さん感がにじみ出ているのです。

図書委員のリンを訪ねてくるときも、愛犬のちくわを抱くときも恵那ちゃんはいつもにっこりと笑顔◎観ている私たちもつられて笑顔になりますね( ´∀` )

ドラゴン桜の小杉麻里

とても印象的だった「ドラゴン桜」の小杉麻里役、こちらでは秀才で東大に現役合格する役柄で知的な表情での演技が素晴らしかったです。

「ドラゴン桜」は偏差値30台の高校生たちが東大を目指す物語。

志田さん演じる小杉麻里は、進学コースの中でも学年トップの成績ながら進学ではなく就職を希望していましたが、実は父親の理解がないために進学をあきらめていたのです。

小杉麻里ははじめ、人生そのものをあきらめたような冷たい表情をしていましたが、桜木先生たちと触れ合う中で次第に打ち解け柔らかな笑顔を見せるようになります。

この表情の変化がとても素晴らしかったですね。

映画の主演など今後も幅広い活躍が楽しみ!

昨年末に公開された映画「かそけきサンカヨウ」では初の主演を務め、舞台あいさつやインタビューなどでお話しする機会も多かった志田彩良さん。

「かそけきサンカヨウ」では大人びたしっかり者の高校生役を演じていますが、インタビューでは今後演じてみたい役として「狂気的な役」と話されています。

やわらかい笑顔からしっかりした表情まで幅広く演じ分けられる彼女なら、狂気を表す役も難なくこなしていくでしょう。

まだ俳優としての作品は少ない志田さんですが、今後はカメレオン俳優として名を馳せていくことを期待したいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、よろしければポチッとクリックしていただくと、とても嬉しいです^^

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください