mokuの家しごと

DIY、ハンドメイド、日々のお役立ち情報を主婦目線でお届けします。

土地売却の体験談ー不動産会社の担当者に会う前に準備したこと

calendar

reload

土地売却の体験談ー不動産会社の担当者に会う前に準備したこと

前回は不動産会社に、土地の査定を依頼するところまでお話しました。


次は会社を一社に絞り、契約を結びます。
これもなかなか大変な作業でした。

あくまで我が家の場合になりますが、不動産会社をどんな基準で選んだのかお話します。

スポンサーリンク

不動産会社の担当者と会う、その前に

土地の売却を決め、査定を電話で依頼すると、売却する土地の価格が見えてきます。
この価格が土地の相場を反映しているので、私たちが売りたい値段よりあまりにも安いと困りますよね。

不思議なことに不動産会社それぞれの査定額にかなりの開きがあったので、どこに仲介をお願いしたらいいものか悩みます。

やはり実際に人に会わないと信用できませんので、次は自宅に来てもらい話を聞きます。

5社から3社に絞る

電話で査定を受けた5社の中から、3社に絞り実際に詳しい話を聞きました。

この時の基準は
1、査定額が高いこと
2、営業の方が話しやすいこと でした。

一日に3社を詰め込むことは難しいと思ったので、まず2つの会社に電話して時間を調整しました。
いくつか候補日と時間を伝えて、担当の方に時間を合わせていただきます。

時間を決める時などにも電話で話しますが、この対応や口調も担当の方の人柄を見るいい機会になりますよね。

電話はすべて私がかけてお話したので、査定をしてもらった時にわかりにくい話し方をした人や横柄な口調の方の会社は選びませんでした。

自宅に来てもらう

我が家の場合、土地の持ち主は私の父なので、担当の方と会う場所は実家にしてもらいました。

3社とはいえすべての不動産会社を訪ねて歩くのは大変ですし、我が家の場合は家族みんなで話を聞きたかったので、営業の方に来てもらう方がてっとり早いと思いました。

もし売却するのが自宅であれば、自宅に来てもらうと実際の建物も見てもらえるので一番だと思います。

それでなくても慣れない話を聞くので、勝手のきく自宅の方がリラックスして話すことができると思います。

不安なことを箇条書きにする

この時点ですでに不安に思っていることや、費用面での心配などもあります。

でも初めてのことばかりで、正直何から聞いていいのやら…
それに実際に人に会うと緊張してしまって、聞きたいことを忘れてしまいそうです。

そこで、不安なこと知りたいことを箇条書きにしてまとめておくことにしました

電話で聞いた部分もありますが、私が用意した質問はこんな感じです。
1、費用総額の目安ー広告費用などはかかるのか、仲介手数料はいくらか
2、売り出し価格はこちらで決められるのかどうか
3、査定額と売り出し価格の差はどのくらい開いていいものか
4、最終的に何か月待てばいいのか(契約期間の目安
5、最終的にいくらまで値段を下げて売り出すか

営業の人が来る前に考えていたことを忘れないようにメモ書きした程度です。
話をしているうちに意外と大事なことを忘れてしまうので、このメモ書きは必要だと思います。

家族で話し合う

営業の方がくる当日までに両親と相談して、いくらで売りたいか、最終的にいくらなら納得できるかという目安を決めておきました。

査定を出してもらった時点で、価格にかなりの開きがあったので、自分たちなりの希望価格がなければ、流されてしまうと思ったからです。

我が家は初めての土地売却ですし、正直不動産屋さんという業界がちょっと怖いこともありました。
「大事な土地を安く買いたたかれてはいかん!」というくらいに肩をいからせていたような気がします。

なのでこんなに早く希望価格なども話していましたが、この面会をした後にはどの会社に仲介を依頼するか決めなくてはいけないのですから、この時点で決まっていて正解だったと思います。

父は値段に関しては無頓着なので(病気に関係なく昔からです)、母の希望を優先して、我が家なりの希望価格を決めました。

この値段を基準にして、担当の方と話をしようと思います。

不動産会社の担当者と会う前に まとめ

不動産会社の担当者に会う前に我が家でした準備は次のようなことです。

1、電話査定を依頼した5社から3社に絞る
・査定額と担当者の話しやすさを基準に
・横柄な口調やわかりにくい話し方をする人の会社は選ばない

2、電話で担当者と日にちと時間を決める
・候補日と時間をいくつか伝える
・自宅に来てもらう

3、不安なこと、知りたいことを箇条書きにする
・費用総額 ・売り出し価格 ・査定額と売り出し価格の差
・契約期間 ・最終的な売価の目安 など

4、家族の間で「いくらまでなら値段を下げていいか」を話し合う
・自分たちなりの希望価格を決める
・納得できる値段で売却することを第一に考える

なんだか不安なことはたくさんあるのですが、取りあえず当日を迎える準備ができました。

次は実際に営業の方に話を聞いた3社の特徴や営業の方の印象などをご紹介します。

スマイスター

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加していますので、よろしければポチッとクリックしていただくと、とても嬉しいです^^

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください